焼肉店のイメージを覆した牛角

牛角に初めて行った10年前は、これまでの、ザワザワとして男性的な焼肉店のイメージを覆す、スタイリッシュなお店の雰囲気に、軽くショックを受けたものです。お店の中は薄暗く、ジャズが控えめにかかっていて、高級そうな雰囲気でデートにもぴったりなのですが、メニューを見ると、意外なほどリーズナブルで、あまりアルコールを飲まない私達だと、二人で五千円台でお腹一杯になってしまいます。しかし、お肉は柔らかくてジューシーで、とても美味しいですし、冷麺やご飯ものに「ハーフ」を作って、焼肉でお腹一杯でもちょっとだけ食べたいという、お客の要望に沿ったメニューにハマりました。何と言っても、衝撃的だったのがデザートです。これまでの焼肉店のデザートと言えば、アイスかシャーベットだけで、ほとんど注文する事もありませんでしたが、牛角は、きなこや黒蜜をかけたアイスや、七輪で焼いたさつま芋を使ったスイーツなど、カフェに出してもおかしくないくらい、気合の入ったデザートが魅力です。